水谷健吾のショートショート書庫

水谷健吾の創作作品を載せているブログです。主にショートショートを更新していきます。
漫画「食糧人類」原案/comico公式ノベル連載中

Kindleで厳選ショートショートを販売中!99円から購入可能。Kindleアンリミテッドなら無料。
自分の作品で収入を得るための方法は「小説で生計を立てるまで@水谷健吾」で発信中!

水谷の作品を朗読、作画希望される方はお気軽にご連絡ください!完成した場合、こちらでも宣伝致します😀

カテゴリ:「アリスの裏側」シリーズ

「独白」(アリスの裏側シリーズ⑤)3話分「アリスの裏側シリーズ」その⑤(最終話)レンガで出来た西洋の町々を彷彿させる通り。月明かりが路上を照らし、所在なさげにポツンと立っている街灯はオレンジ色の光を放っていた。「あれ?座長さんじゃないっすか」映画監督をして ...

「マッチ売りの少女の役作り」(3話分)「アリスの裏側シリーズ」その④公民館の一室。二人の男がいた。一人のヒゲ面の男が言う。「来ないな」彼は今から撮る映像の監督である。 隣にいる若い男が立っていた。彼はその映像に出演する役者だ。「来ないっすね」 「あとはこの ...

「眠れる森の美女」(「アリスの裏側シリーズ」その③)深い深い森の中。美女が切り株の上に座っていた。「へい!何か物思いに沈んでいるようだね」一人の猟師が、やたら上機嫌な様子でやってくる。美女の返事を聞く前に、彼は自らの腹を触りだした。「俺を見ろよ。全然食欲 ...

「最近のアリとキリギリス」「アリスの裏側シリーズ」その②とある舞台の楽屋口。おどおどした男がタオルで汗を拭きながら笑っていた。「こ、今回の公演もなんとか終わったね」その隣には、背が低いものの気の強さそうな女性が立っている。「やっぱりさ、不思議の国のアリス ...

「アリスの裏側」(「アリスの裏側シリーズ」その①)穏やかな風が吹く丘の上。「はい、確かに」帽子屋が恭しく頭を下げた。その手には封筒が握られ、中には札束が入っている。「これで娘も大人しくなってくれたら良いのだが」父親はため息をつく。 「大丈夫です、抜かりはありま ...

↑このページのトップヘ