彼女と付き合って1ヶ月。

僕たちは今、とある温泉街に向かっている。

行きのバスの中。窓際で、息を立て眠っている彼女をチラリと視てみた。


あどけない表情に、ツヤのある黒い髪。なんて美しい寝顔なんだろうか。
僕は、自分が世界一の幸せ者なんじゃないかと思いながら、バスに揺られていた。


やがて僕たちは目的地に到着し、停留所から少し歩いたところにある温泉街の中心部へと向かう。


「ねえ!視て視てー!」
彼女がかけ出した。

「わぁ」
僕もまた、目の前に広がる光景に声をあげる。


まるでおとぎ話に出てくるような、古き良き時代の日本の風景。
ゆるく伸びる坂道。それを囲うように建てられた木造建築の家々。柔らかいオレンジ色でライトアップされた街並み。


「視れてよかったね」
「うん。視れてよかった」



あ、と彼女は声をあげる。
「ねえ!せっかくだから2人でさ」
「うん、そうだね」

僕は辺りをキョロキョロとしてみる。近くの売店で受付をしている中年女性と目が合った。


「あのすいません。良かったら視てもらえませんか?」
彼女は人の良い顔でニッコリと頷く。


「ええ、良いですよ」
僕と彼女は、歴史を感じさせる雰囲気をもつ、とある旅館の入口に立つと、肩を寄せ合った。


中年女性はそんな僕らを視る。

「はい、OKですよ。すぐに送りますね」
「ありがとうございます」
僕たちは頭を下げた。すると脳内に、今しがた撮影された僕たちの映像が送られてくる。

「じゃ、いこうか」
「うん!」


西暦3000年。

2000年ごろを境に広まった携帯機器は、ついに人間の体に埋め込まれるようになった。
僕らの目にはカメラ機能が搭載され、そこで「視た」映像は脳に取り付けられているハードディスクに蓄積される。


このデータは、かつて「写真」と呼ばれていたものである。
しかしその言葉は、何度も呼び名を変えながら人々の中に根付いてきた。

携帯電話が登場した当初、連絡手段の主流であった「写メール機能」という言葉から、「写真撮影」を「写メ」と呼び、

「インスタグラム」というSNSが流行した際は、「インスタ」と言っていたらしい。


そして現在、僕たちは「見る」だけで写真を撮れるため、撮影自体のことを「視る」と表現しているのである。


「今日もいっぱい視ようね!」
彼女が笑う。


その笑顔はとてつもなく可愛らしくて、僕はすぐさま彼女を「視た」。

シェア、RT大歓迎です!いつもありがとうございます。
最新作品はTwitter( @mizutanikeng)で公開中!

レターポットでの感想もお待ちしております!

水谷健吾がオススメする短編漫画

誘怪犯

不安の種  


他のオススメ漫画はこちら↓
濃密なのに清々しい!1話完結型のオススメ短編漫画
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック