1日のうち、必ずといって良いほど人間が見るものがある。それは鏡だ。

朝起きた時、出かける前、トイレにて、帰宅の後、就寝の直前。
日常生活のあらゆるところで我々は、鏡を目にしている。


ということはつまり、IT化の進んだ今の時代において、鏡が進化するのは全くもって不思議な話ではない。
むしろなぜ今まで、これほどまでに原始的な状態が保たれていたのかと疑問に思うほどである。

私はそんな鏡メーカーに勤める社員。もちろん私の家には最先端の鏡が置いてある。


鏡を覗いた人間の表情を分析し、最適な表情を提示してくれる代物だ。

「口角をあげてください」「目を3秒間、思いっきり開いてみましょう」
指示された声に従って顔の運動をするだけ。手軽だし、忘れることもない。


そのガイダンスの途中には広告が差し込まれているので、鏡を提供している企業にも継続的な利益をもたらした。



利益が上がれば、様々な企業が参入する。企業の多様化が進めば、その分だけ便利な機能が追加される。
鏡は、より高い精度で人間を分析し、より人間に意識させることなく指示を与え、より良い表情を作り出せるようになった。

そして、あっという間に一大ブームとなったのである。


その結果、満を持して搭載された機能がある。
それが「先読み機能」だ。

鏡に映った人間の顔を即座にスキャンし、その人物の”ほんの少し”だけ整った表情を映し出すのである。


この”ほんの少し”というのがポイントだ。

明らかに違う顔が映し出されると、鏡本来の役割を失ってしまうし、自分の表情を変えることを意識してしまう。

だが、僅かの差異であるならば無意識のうちに、実物が鏡の顔へ寄せようとしてしまうのである。そして鏡通りの表情になった後はさらにまた少しだけ良い顔を鏡が映し出すのである。


このループによって、鏡を見れば見るほど良い顔になっていくという好循環が出来上がったのだ。


0コンマ何秒だけ未来の表情を提示する鏡。

これこそが未来の鏡のあるべき姿なのだと誰もが信じていた。



しかし、ふと私は疑問に思ってしまうことがある。

鏡の中のほうが僅かであるが未来の世界。
まるでそれは、向こうに映し出された景色が本物で、私たちは虚像の住人のようだと。




シェア、RT大歓迎です!いつもありがとうございます(Twitter @mizutanikeng
レターポットでの感想もお待ちしております!