僕が務める中学校の喫煙室でのこと。
「今日も1日、終わりましたな」
隣に座る鈴木先生がつぶやく。俺よりもふたまわり上の大先輩だ。プハーと煙を吐く音が聞こえた。

「ええ、そうですね」
「何か変わったことは?」
「ないですよ。最近の子供達は本当に素直だ」

「全くですよね」
反対に座っている佐藤先生が答えた。彼は1年目の新米教師。情熱を持って教師になったものの、あまりの歯ごたえのなさに拍子抜けしてしまったらしい。

それは何もこの学校だけの話ではない。どの学校の生徒たちもここ数十年の間、問題らしい問題を起こしていないのだ。
成績優秀、品行方正。清く、正しく、美しくを地でいっている。

「なんとも楽な時代になったものですな」
鈴木先生がしみじみという。
「昔はもっと大変だったんでしょう?」
羨ましそうに佐藤先生が尋ねた。

「ええ、そうなんですよ」
鈴木戦は頷いた。

こういう時、彼を始めとする一昔前の学校事情を知る教師たちは、
「あの頃は大変だった、教師は割に合わない仕事だった」
と語りながらも、どこかその苦労を懐かむのが常であった。


「今は面倒な親もいない。非行に走る子供もいない。教師の待遇もうんと改善されましたしね」
僕が言う。

「やはり子供は大人の背中を見て育つというのは本当のようですね」
鈴木先生が同意し、佐藤先生が続けた。
「考えてみれば当たり前のことなんですけどね。しかしそれに気づくまでに随分と時間がかかったものですよ」



学校教育がここ数年で大幅に改善された最も大きな要因。それは「大人のあり方」を根本的に改善する取り組みがあってのことだった。

子供だけに理想を押し付け強制する。そんな上辺だけの教えが子供に響くはずがない。


この国の未来を考え、今までうやむやにしていた諸問題に対し、政府が、民衆が本気で向き合ったのである。

当初は息苦し過ぎる生活になってしまうと反対意見も多かったが、目に見えて成果がでた途端、賛成意見が多勢を占めだした。

「しかしその分、我々のような喫煙者は辛いですな」
鈴木先生が煙を吐いた。
「そうですね。今まであった店内や建物内での禁煙徹底はもちろん、道端や自分の家でも気軽に吸うことができなくなりましたし」

「かといってここまで狭いってのもね」
佐藤先生が自嘲気味に笑う。


僕は改めて部屋を見渡してみる。生徒たちが使う机程度の大きさの箱の中に、我々三人がいる。
もちろの普通なら入るわけもない。

喫煙者がタバコを吸うとき、脊髄に繋がれた肺、口、鼻、耳、目だけを取り出され、ハンガーに掛けられた服のような状態でここに押し込められるのだ。


「全く、肩身が狭くなりましたね」

もちろん今の我々に肩など存在しないのだが。



キンドルでショートショート集販売中です。
⇩1冊99円!キンドルアンリミテッドなら無料⇩
あなたの後ろにいる女の人について
最高の仮装
関係なくもない話

作画さん募集中!!

Twitterで最新の作品を出しています→@mizutanikeng

もし面白いと思ったらSNSでシェアを!励みになります。