「地球は青かった」

人間が初めて宇宙へ行ってからしばらくの時が過ぎた。

ロケット技術は凄まじく成長し、安全度は宇宙へ到達する時間も比べ物にならないくらい改善された。
とまらない環境破壊、勃発する核実験によって地球の損傷は凄まじいらしく、もちろんここから先100年ばかりは問題ないらしいが、いずれ人類全体は新しい移住先を見つける必要性があると判断されていることも大きな理由らしい。

しかし、宇宙旅行が民間人に解放されるには至っていない。

それが一体なぜなのかは明かされていない。安全性の確保がまだまだ不十分であるとか、コストが十分な安さになっていないなど、どこか取って付けたような理由で先延ばしにされていた。

だからこそ、私が今、妻とこのロケットに乗っているのは、非常に幸運なことと言える。宇宙開発部門に知り合いがいて、そしてこれまで多額の援助金を出していたこともあってか、搭乗が許可されたのだ。また、もしかしたら先が短い老人ということもあるのかもしれない。

「わくわくするわね」
ロケットの中、妻がそう言った。
「あぁ」
私は頷く。
「宇宙から肉眼で見た地球ってどんな景色なのかしら」
「そういえばあの有名な言葉知っているか。ほら、地球は青かったってやつ」
「ええ、もちろん。でも実はそれってガガーリンが言ってなかったという話じゃなかったのかしら」
「そうそう。だがな本当は真逆らしいんだ」
「真逆?」
妻はシートベルトで固定された椅子に座りながら首をかしげる。
「本当は言っていたのに言ってなかったことにされた、ということらしい」
「不思議な話ね。だって地球は青いじゃない」
「そうなんだよ。青いものを青いということの何がいけないのか」

そんな話をしていると、発車のアナウンスが鳴り響き、やがて凄まじい轟音と振動とともに、私たちの乗っているロケットは宇宙へと発射された。

真っ白な雲を抜け、青い空を通り、そして一瞬で周囲は真っ黒な宇宙に覆われる。
まさにどこまで続く終わりのない漆黒の空間。ロケットは軌道に沿ってくるりと向きを変え、やがて私たちが見ている窓から母星である地球が見えるようになった。


「これは……」
私は思わず声をあげる。それは感動の声ではない。戸惑いと困惑の言葉だった。

「青いわ……」
妻が言う。だがそれは決して私たちが想像していた青さではない。


例えて言うのならばパソコンのディスプレイ画面。いや例えて、ではおかしい。
私たちの目の前にあるのはまさにディスプレイ画面そのものなのだから。円球の星の表面全てが青紫色の均一な色で覆われている。そしてその画面の上には見たことがない白文字がつらつらと書かれていた。

まさに地球にエラーが発生しているとでもいうように。



キンドルでショートショート集販売中です。
⇩1冊99円!キンドルアンリミテッドなら無料⇩
あなたの後ろにいる女の人について
最高の仮装
関係なくもない話

作画さん募集中!!

Twitterで最新の作品を出しています→@mizutanikeng

もし面白いと思ったらSNSでシェアを!励みになります。