10歳
今日から夢日記をつけ始めた。目覚めた時、覚えている夢を日記に書いてく。
もちろんまとまりないし、無茶苦茶な内容だけど、それでも記憶に残っていることだけを書いていくことで次第に夢を忘れなくなるらしい
まずは一年間。頑張って続けていこうと思う。

11歳
なんとか一年間、夢日記を続けることができた。といっても朝起きた瞬間に全く思い出せなくなる夢も多いので日記をつけることができるのは数日に一回。
寝坊した時なんかはついつい忘れてしまうから、実際の所一週間に1、2回くらいの頻度だったりする。

今ちょうど読み返してみると全く記憶ない夢、なんとなく覚えている夢、ついさっきその光景を見たかのように鮮明に思い出せる夢に分かれていて、けっこう面白かった。
夢日記を続けることで、鮮明に思い出せるものも増えてくるかもしれない。


12歳
2年続けることができた。目覚めても前の夜に見た夢をはっきりと覚えていることが多くなった。しかもなかなか忘れない。
例えば朝夢日記を書くのを忘れても、行きの電車で書いたり、場合によってはお昼休みまで覚えていることだってある。これからは随分と楽になりそうだ。

13歳
夢の内容を自分で操ることができるよになってきた。明晰夢というやつらしいんだけど「こうなったら良いな」と思った展開が夢の中でも思った通りに現れるよになる。
最近、眠ることが楽しくなってきた。だって夢の世界ならどんなことだって思い通り。あぁ早く夜にならないかな。

14歳
最近、ハマっているのは夢がある。僕が若き天才科学者になって色々な発明をして周りから称賛の声を浴びせられる。とてもリアルな夢で朝起きると自分がまだ夢の中にいるような気さえしてしまう。どっちが夢でどっちが現実か分からなくなることも増え始めた。早く夢の続きを見たい。

15歳
そういえばなぜ夢日記をつけることにしたいんだろう。11歳のあの日、ふと思い出したのように僕は夢日記をつけることを決めた。だがきっかけが思い出せない。
何かのテレビで見たのか、それとも本で読んだのか。夢世界の記憶は明確に存在しているのに、現実の出来事はどんどん僕の頭から抜け落ちていってしまう。
確かに学校には行っているし、友達と話しているのだけど、覚えていない。まるで全く別の誰かが僕の体を使っているみたいだ。


16歳
今日から夢日記をつけようと思う。夢日記をつけることで夢で見た内容を次の日まで明確に覚えていることができると言われている。これは大いなる実験だ。
私は今、ある仮説を立てている。例えば前世というものを長い長い夢のようなものだと捉えた時、現世では前世の記憶をただ忘れているだけ、ということができる。
忘れているものを無理矢理に思い出すことはなかなか難しい。だが逆に来世へ今の時代の記憶を持ち越すことはできないだろうか?

そこで注目したのが夢日記。継続することで昨夜見ていた夢を忘れなくなるらしい。これを徹底することで、来世でも現世の記憶を思い出せるのではないだろうか?
もちろん0歳の時点で全てを知っているなんてことはないだろう。脳のキャパシティというものがある。だが来世の私が成長するにしたがって、徐々に私の記憶を思い出すことは十分にあり得る。現世で夢日記をつけた習慣が来世でも発動すれば、より思い出しやすくなるだろう。

もしこの実験が成功した場合、何が起きるだろうか?現世の私と来世の私。これは全く同じ人格なのだろうか?それとも二つの異なる人格が一つの体に同居し、片方はどこかに閉じ込められてしまうのだろうか?

非常に興味深い実験だ。




キンドルでショートショート集販売中です。
⇩1冊99円!キンドルアンリミテッドなら無料⇩
あなたの後ろにいる女の人について
最高の仮装
関係なくもない話

作画さん募集中!!

Twitterで最新の作品を出しています→@mizutanikeng

もし面白いと思ったらSNSでシェアを!励みになります。