とある高名な教授が大会議室の教壇にいる。


彼が立っている位置の真上の電灯だけが点灯しているため、部屋全体はうっすらと暗い。

彼は何度か咳払いをすると、曲がった腰を精一杯伸ばしながら語り始めた。



「みなさん、今日は全くの新しいアトラクションへようこそ」
彼は部屋をゆっくりと見渡し、そして少し顔をしかめた。


「拍手がないのは少々残念ですが、まぁ良いでしょう」
そして再び語り始める。


「今からお見せする映像は、あなた方にかつてないホラー体験を提供する極上のエンターテイメント。それはもう素晴らしい内容となっています。どうぞ最後までお楽しみください」


次に彼は、焦らすように敢えてゆっくりとした口調になった。

「……と、その前に世紀の大発明ですから、みなさんにはいったいどのような仕組みで恐怖を与えるのかご説明します。そんなものを教えて大丈夫なのか?と心配する必要はありません。我々が提供するのは本能的な恐怖。理性で理解したところで全くの無意味なのです。フフフ………フハハハハハ、ゴホッゴホッ」

教授がむせると、脇で待機していた助手が慌てて近づき、彼の背中をさすった。


「これは失礼。さて、私がこのサービスを作った発端は国からの依頼です。彼らは言いました『人々は今、刺激に飢えている』と。今の世界はそんなにつまらないんですかな?それとも、何か目を逸らしたいものでもあるのかもしれませんね」

ニヤリと教授は笑った。

「おっと、話が逸れました。どうやってあなたたちに極上の恐怖を体験させるかですよね。みなさん、こういった言葉をご存知でしょうか?」


ここでまた少しの間。

「『美は目に宿る』という言葉を。どんな美しい事柄でもそれを見ている当人が「美しい」と感じなければ意味がない。逆を言えば澄んだ心さえあれば、人間は日常のあらゆる些細な出来事を切りとっても感動できるというわけです。私はそこに目をつけました」


聴衆の反応を伺うように教授は言葉を区切る。部屋からは物音ひとつ聞こえない。


「つまり作品の良し悪しではなく、見ている当人を変えることで、その恐怖をさらに増大させられるのではと考えたのです。そして、一つの興味深い実験結果に行き着きました」


彼はその目をギョロッとさせ、ちらちらと視線を移動させた。

「『人間は服を着ていないとき、恐怖が8倍になる』という実験結果を聞いたことはりませんか?身にまとっているものがないため、人の恐怖心は何倍にも膨れ上がってしまうのです。そこで考えたのが今回の仕様」


再び彼は顔に笑みを浮かべた。

「どうですか?随分と落ち着かないでしょう。あ、大丈夫ですよ。みなさんが身につけているのは特殊なレンズなので映像はしっかりと受容できるようになっています。さて、おトイレに行きたい方は?ハハ、いらっしゃらないでしょうね。当然です。みなさんは今、脳みそだけになっているのですから」




キンドルでショートショート集販売中です。
⇩1冊99円!キンドルアンリミテッドなら無料⇩
あなたの後ろにいる女の人について
最高の仮装
関係なくもない話

作画さん募集中!!

Twitterで最新の作品を出しています→@mizutanikeng

もし面白いと思ったらSNSでシェアを!励みになります。