「週末の死神」

死神はその日、人間界に降りてきていた。

死神の仕事は死んだ人間をあの世へと連れて行くこと。
365日。24時間体制だ。

つまり当たり前の話であるが、一人でやれる仕事ではない。
したがって死神の仕事は複数人でやるものであり、シフト制だ。

そしてこの死神は、たまたま今日が休みであった。


その日は金曜日。

人間たちはどこかいつもより開放的で、オフィス街では、あちこちで酔っ払っているサラリーマンが目に付いた。
 


死神は一人の男に目を留める。

「あそこの男、随分と酔っているな。事故に遭わなければ良いが」
そして彼は、自分の発言に苦笑した。

 
「人間の死を願わない死神とは、何とも滑稽だ。しかし、同僚の仕事が増えてしまわないようにと考えてしまうのはまぁ、しょうがないことだろう」

シェア、RT大歓迎です!いつもありがとうございます。
最新作品はTwitter( @mizutanikeng)で公開中!

レターポットでの感想もお待ちしております!

水谷健吾がオススメする短編漫画

誘怪犯

不安の種  


他のオススメ漫画はこちら↓
濃密なのに清々しい!1話完結型のオススメ短編漫画
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック