「自分だけは大丈夫」


「自分だけは大丈夫」
そう考えてしまうことは人間の心理に根ざした深い問題だ。


私もまた、自分だけは大丈夫だと考えてしまった愚かな女の一人である。



最初はふとした予感であった。

駅の改札を抜け商店街を通り抜ける途中、後ろから歩いてくる男性に気づいた。
自分より一回り上くらいの中年男性。


あぁ、あの人もこっち方面に帰るんだ。
そう思った程度だった。



しかしマンションへと到着し、エントラスを抜けた辺りで「おや?」と思う。

その男もまたこの建物へと入ってきているのだ。


このマンションの入居者の大半は女性である。


珍しいと言えば珍しいが、かといって絶対にありえないことではない。
例えば恋人の家にきた可能性もあるし、彼がここに住んでいる可能性も決して0ではない。




たまたま同じ電車から降りた男が、たまたま私と目指しているマンションが同じだった。


そういった偶然は十分ある。
ただなんとなく嫌な予感がしていたのは間違いない。


エレベーターに乗り込んだ私は、どうか同じ階で降りませんようにと祈った。

しかし、そんな私の予想に反して彼はエレベーターに乗ってこない。
どうやら1階の住人のようだ。



「うん、そうだよね」
私はボソッと独り言をもらす。


エレベーターは目的の階に到着し、奥から3番目の部屋の前で私は立ち止まった。
ポケットから取り出したそれを、ドアノブに差し込もうとした時、



「あの?」
背後から声が聞こえた。見るとあの男が立っている。


どうやら階段を使ってきたらしい。彼は、私が持っているピッキング道具を見ながら訝しげに尋ねた。
 

「僕の部屋で何をしているんですか?




-自分だけは大丈夫。決して捕まるはずない。

今までそう思っていたのだが、やはりそれはとんだ幻想だったらしい。
シェア、RT大歓迎です!いつもありがとうございます。
最新作品はTwitter( @mizutanikeng)で公開中!

レターポットでの感想もお待ちしております!

水谷健吾がオススメする短編漫画

誘怪犯

不安の種  


他のオススメ漫画はこちら↓
濃密なのに清々しい!1話完結型のオススメ短編漫画
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック