水谷健吾のショートショート書庫

水谷健吾の創作作品を載せているブログです。主にショートショートを更新していきます。
漫画「食糧人類」原案
comico公式ノベル連載中

「自分の作品で収入を得るための方法は「小説で生計を立てるまで@水谷健吾」で発信中!

「もしも『ヘンゼルとグレーテル』にアンパンマンが関わっていたら」「もしも『ヘンゼルとグレーテル』にアンパンマンが関わっていたら」アンパンマン「いやね。君たちのそのアイデアは悪くないと思うけどさ。まずはパンの気持ちに立って欲しいわけよね。細かく千切ったパン ...

「手軽な友達」ピンポーンと心地よいチャイムが鳴ると、小学生になる息子は居間から立ち上がり、今しがた熱中していた物などほっぽりだして、玄関へと走っていった。 「おいおい、転ぶなよ」俺はその後をついていきながら、玄関を開ける。そこには運送業者の青年が、両手で ...

「解雇された人」「先生、いるんでしょ?」ボロボロの木造アパート2階にある一室を青年が訪れた。何度かノックをしているのだが、中から返事は返ってこない。ドラノブに手を伸ばして回すと、それは意外なほど簡単に回った。「先生ー、入りますよー?」青年は玄関から中へ声 ...

「レールを整える側」俺が店長を務めているスーパーで、最近新しくパートの女性を雇った。どうやら息子の学費を補うためにらしい。聞けば全国の中でも相当にレベルの高い私立の学校。金持ちしか通えないと言われている格式高い中学だ。「息子のためできることは全てしたいん ...

「神々の実習」教室に神の候補生たちが戻ってくる。「いやぁ、終わった終わった。だるいな、実習って」金髪の目つきの鋭い青年の姿をした候補生が言う。「お前、適当すぎだろ。あんなの作ってさ」メガネをかけた黒髪の候補生が言った。「良いんだって」金髪はハハハと笑う。 ...

「もしもアリとキリギリスにアンパンマンが関わっていたら」「おいおい!せっかくあげた僕の顔、こぼすなよぉ」焦げ茶色の頭部をした不恰好な生き物は、カバの子供に向けて口を尖らせる。「あーあ。キリギリスが群がってきたよ」 ...

↑このページのトップヘ