ぶっとんだ設定とその中で繰り広げられる推理が魅力的な作家、西澤保彦さん。七回死んだ男 同じ日を9回繰り返してしまうという「時間の反復落とし穴」の能力を持つ主人公。何をどうやっても9回同じ日を繰り返しそれは誰にも帰ることができない。そして1回目では死ななか ...